さとうさんのステンレスケトル(つや消し)

 売上が東北地方太平洋沖地震被害救済への全額寄付となる「チャリティーマーケット」でやかんを購入。今、使っているやかんは、何の気なしに購入したアジアな感じのモノだが、17年間使い続けていよいよくたびれてきていたのだ。

 本日、届いた柳宗理のやかんは、存在感が有り、ステンレスの厚みと、アールのつながりにうっとりしてしまう。つまみの大きさ、注ぎ口の形状、持ち手の形状、どれをとっても文句のつけようも無く完成されていて、気品がある。

 おそらく20年以上は使えるだろう。人生最後のやかんになるかもしれない。
出品者のコメントは以下のようなものだった。

お湯が沸いて、コーヒーを淹れる。 そんな普通な毎日が大切に思えました。

 このやかんでお湯を沸かすたびに、普通にお湯が沸かせて、コーヒーが入れられる幸せをかみしめるというわけだ。

ブログからの投稿です。オリジナルの記事はこちら↓
柳宗理のやかん

Share Button

2011/04/26
Category: My YANAGI Comment »


Leave a Reply / メッセージを投稿する


Back to top

     

© japon.net 1997-2012, All rights reserved. /運営: Studio Gaudi.com