Tag: kettle


hirofunfunさんのケトル、キッチンツール

3月 19th, 2012 — 9:26am

「いつか柳先生のキッチンツールで統一したい」

新婚当時によく妻と話していました。

妻は大学生、僕は社会人一年目で経済的に余裕はなかったため、夢のような話でした。

 

あれから10年経ち、いまだ「統一」こそできてませんが、着々と実現しつつあります。

Comment » | My YANAGI

水野智弘さんのキッチンツール、ケトル、ボウル

6月 21st, 2011 — 3:57pm

学生時代から一人暮らしを始めて15年以上経ちます。その間に少しずつ大好きな柳先生のデザインプロダクトを購入してきました。
その中でも毎日使うキッチンツールは使えば使うほど愛着が湧くと同時に、デザインされた過程で何度も試行錯誤された上で世に出されたのだな。と実感します。
柳先生のエッセイを読んだ際、もっとも心に残った言葉が「本当の美は作り出されるものではなく、生まれるものである」ですがプロダクトを通じて『人間の動作がフォルムになっている』と実感をし、著書の通り機能性と共に美しさも感じています。
このようにデザイナーの人格までが色濃く反映されたプロダクト、それでいて使う人の立場に立ったプロダクトは無いのではないでしょうか。
柳先生の手を使って考え、形にしていくデザイン手法は仕事は違えど私の現場主義・行動しながら検証・修正していく粘り強さに大きな影響を与えて下さっていると思います。

Comment » | My YANAGI

makiさんのやかん、ミルクパン

1月 18th, 2011 — 8:39pm

台所には、スプーンなどのカトラリー、ボオル、ざる、写真のやかんにミルクパンと柳プロダクツでいっぱいです。理由はデザインがシンプルで美しいものは機能性も優れているからです。そして飽きがこない。やかんとミルクパンは冬はストーブの上が定位置。このストーブは私とほぼ同い年。お嫁入り道具(?)です。やかんは5年目で持ち手を修理しました。こんな風に直しながらストーブと同じように長く使っていきたいと思います。

Comment » | My YANAGI

ナウルさんのやかん

1月 13th, 2011 — 8:31am

お金を少しずつ貯めて、初めて柳宗理商品を購入したやかんは当初「ヤナギソウリ、ヤナギソウリ・・・」と繰り返し口にする私に、母や兄は「耳にタコができる!!」と。ガーン。

私が持っているのはこちらのやかんの他に、トングとざる(パンチングストレーナー)の3点。数は少ないですが、用の美に憧れて手に入れた大切もの。

6年程たった今では、冬はストーブの上に乗っけて、家族みんなで気に入って使っています。

今住んでいる岩手は、私にとってたくさん素敵な工芸品や場所がたくさんあります。なんといってもそこにしかない文化や自然は宝物です。

染色や日本民藝、フィンランドデザインが大好きですが、そういった生活の中で色々なことを感じながら好きなものをこれからも探していきたいと思っています。

Comment » | My YANAGI

ミルクパン、ケトル、両手鍋

10月 17th, 2010 — 10:03pm

ミルクパン、ケトル、両手鍋柳宗理のミルクパンやボウルが普通に売っていて、普通にみんながくらしのなかで使っていたら、ちょっといい世界かもしれない。

見つけた場所:アピタ 前橋けやきウォーク

(ニジマスさん)

Comment » | Found YANAGI

oibosiさんのケトルと片手鍋

9月 27th, 2010 — 2:05pm

一人ぐらしを始めるときに母が買ってくれたケトルと片手鍋。
7年目にしてやっと、2つ一緒に活躍中。

これと決めたやかんとお鍋。
これからもずっと頼りにしている相棒です。

Comment » | My YANAGI

三鷹天命反転住宅のケトル

9月 13th, 2010 — 4:34pm

先日、三鷹天命反転住宅のとあるオフィスにお邪魔したときに、オフィスで見つけました。ケトルです。
荒川修作さんデザインのものすごく個性的なこの建物。中もすごいです。一つずつ全く色やサイズの違った小さな部屋がある、まるで何かの巣にでも迷い込んだかのような不思議な空間。色も五感を刺激されます。
三鷹天命反転住宅のサイトはこちらです。

(solさん)

Comment » | Found YANAGI

ムナカタケンさんのケトル

9月 13th, 2010 — 4:29pm

マイヤナギ
ハワイに移住し、生活の中で大きく変わった事があります。それは、朝ごはんを食べるようになったことです。たまに最愛の食堂”バーツ・カフェ”にも通うけれど、そのほとんどはトーストとコーヒー。一般的な朝を迎えるのであります。コーヒーはいつも決まってYUBANコーヒー。カリタのドリッパーに少し多めのコーヒーを入れ、コーヒーカップをセット。そこで友人からプレゼントでもらった、お気に入りの柳宗理のやかんの出番です。持ち手の握りやすさと重さ、注ぎ口からのお湯の量も、ドリップコーヒーに最適!毎日使う欠かせないお気に入りマイヤナギです。

コーヒーが出来るまでの時間、約10分。濃いめのコーヒーをひとくちゴクリ。いつもの朝がやってきた実感と、今日の予定を頭の中で整理する、ゆったりとした時間です。カップを置き、目を横にやると、まだ冷めやらぬやかんから、渦巻きの湯気が微かに上がっていました。

(2010年1月)

ブログからの投稿です。オリジナルの記事はこちら↓
みなさん、朝食は食べていますか?

Comment » | My YANAGI

石原さんのケトル

8月 26th, 2010 — 12:07pm

我が家のキッチンの主役はケトルです。
いつもガスコンロの上に鎮座しています。
毎日重曹で磨いているのでピカピカです。
(2007/9 updated)

コメントは受け付けていません。 | My YANAGI

ビッグマウスさんのケトル

8月 26th, 2010 — 11:58am

初めまして、長崎からビッグマウスと申します。我が家のヒーローである柳ケトルを紹介します。
実は最近の話なのですが、このケトルでお湯を沸かしたまま、うっかり外出。
ガスをかけっ放しで、4時間以上、写真のケトルは、じっと私たち家族の帰りを待ってくれていました。 写真では伝わりにくいですが、痛々しい変色した状態となりました。しかし、火事にならなかったのは、柳ケトルの耐久性のおかげであり、これまで以上に愛しく、そして頼もしく感じております。
世界に一つしかない我が家のケトルヒーローです。
(2004/11)

コメントは受け付けていません。 | My YANAGI

Back to top

© japon.net 1997-2012, All rights reserved. /運営: Studio Gaudi.com